カセットコンロ・カセットボンベの使用期限と処分方法

2018年6月23日


冬場には家庭での鍋料理の際にカセットコンロやカセットボンベは大活躍してくれます。
ですが、シーズンを過ぎてしまうとボンベにまだガスが残ったまま放置されてしまうことも。
意外と知らないカセットコンロ・カセットボンベの使用期限、処分方法を調べてみました。

カセットコンロ・カセットボンベの使用期限

まずカセットコンロですが、買い替えの目安は約10年と言われています。
メーカーによって違いはありますが、コンロの側面にシールが貼られ、製造年月が印字されていますので比較的分かり易いでしょう。
年数にあまりこだわるより、五徳の錆具合やボンベとの連結部分に緩みなどはないか、そしてコンロの上部全体を覆ってしまう様な調理器具を使用していないかといった事に注意するのも重要なことです。
またカセットボンベについてですが、中身のガスは長時間劣化することはないので、使用期限を気にする必要はないようです。
しかし、ガスが入っているボンベは劣化します。
ボンベに使用されているゴム製パッキンの耐用年数が7年程度との事で、カセットボンベの使用期限もそれに準じるとしています。
表面に錆が浮き出ておらず、ボンベを振った時に中に水が入っているような音がすれば問題なく使用できるとされます。

カセットコンロ・カセットボンベの処分方法

カセットコンロについては各自治体によって処分方法が異なりますので、自治体の決まりに従って処分することが必要です。
処分する機会も少ないものですので、よく分からないという場合には自治体へ問い合わせをするのが良いでしょう。
ガスボンベの処分方法についてですが、よくボンベに穴をあけてガス抜きをするという方法を見聞きしますが、ガスが入った状態で穴をあけるのは非常に危険な行為だとメーカーでも注意喚起しています。
屋外の火の気のない広い場所で、キャップを外した状態で先端を下にしてコンクリートなどに押し付けてガス抜きをするのが安全とされています。
ボンベを振ってみて、水が入っているような音がしなくなればガスは抜けている状態ですので、容器は自治体の決まりに従って処分しましょう。

まとめ

カセットコンロやカセットボンベはどの家庭にもある身近な調理器具ですが、いざ処分するとなるとどうすれば良いか戸惑ってしまいます。
使い方ひとつ、処分の仕方一つで大きな事故にもつながりかねない器具であるからこそ、正しい知識をつけておく必要があります。